PRP-FD療法

ひざや肩の痛み、筋肉の炎症

ひざや肩の痛みで注射を長年続けていたり、主治医から「人工関節の手術を受けるしか治る方法はない」と言われたりしていませんか?
筋肉や腱の損傷を受けて早く治したい、もしくは炎症が続いてなかなか痛みが取れないということはありませんか?
思い当たる方にとって注目すべき療法です。

こんな症状の方に最適です。

  • ■ ひざや肩に長年ヒアルロン酸の注射を受けている
  • ■ 関節炎と診断されたことがある方
  • ■ 再生医療を受けたい
  • ■ スポーツで関節を痛めた方
  • ■ 筋肉や腱の損傷を早く治したい

■ PRP療法は近年大リーガーのひじの治療などに使用され日本でも有名となっており、注目されている治療方法です。PRP-FD療法はこのPRP療法をさらに進化させものであり、運動器の外傷や炎症、長年続く変形に伴う疼痛を緩和させることが期待できます。
血小板を高濃度に含んだ血漿のことをPRP(Platelet Rich Plasma)といいます。PRP療法は血小板が持つ“組織を治癒させる能力”を利用した治療方法で、近年スポーツ障害などの分野で注目を浴びています。

■ PRP療法では通常患者様の血液を採取し、血液を遠心分離機にかけることで血小板を多く含んだ血漿(PRP)を分離し、障害部位へ注射します。
PRP-FDでは患者様から採血した自己血を精製しPRPを作製したあと、さらにPRPを活性化させ、血小板由来因子濃縮物(PFC)を作製します。さらにこれを無細胞化したうえでフリーズドライ加工することによりPRP-FDが出来上がります。
(PRP-FDにはPRPの約2倍の成長因子が含まれます。)成長因子には組織の修復を促す作用があります。血小板が放出する成長因子によって治りにくい組織の損傷を修復する力を促進したり、炎症を早く治めたりすることが期待できます。

変形疾患 □ 変形性関節症 (軟骨がすり減ることで生じる関節の痛み)
炎症性疾患 □ 上腕骨外側上顆炎(テニスなどでよく起こる肘の外側の痛み)
□ 上腕骨内側上顆炎(ゴルフなどでよく起こる肘の内側の痛み)
□ 膝蓋腱炎(運動中、運動後などのひざの前面の痛み)
□ アキレス腱付着部炎(長時間歩く、走ることになどよる踵背側の痛み)
□ 足底筋膜炎(歩き始め、長時間歩行などによる足の裏の痛み)
□ 腱鞘炎(反復動作に伴う手首・足首周辺の痛み)
外傷 □ 靭帯損傷(ひざ、ひじなどで起こる外傷)
□ 肉離れ(筋断裂)

この治療の目的は、ご自身のPRP-FD(自己血小板由来成分濃縮物)を用いて、自己修復力を活性化させることです。
自己修復力を活性化することで障害部位の治癒を促進したり、炎症を抑えることで痛みを軽減させたりすることが期待できます。手術を行わず自らの治療能力を引き出すことがこの治療方法の最大のメリットです。

このような効果が期待できます。

■ ケガ、傷の修復速度の向上(加速)
■ 損傷後、治りにくくなった部位で、再度治療プロセスの活性化(再構築)
■ 組織の硬さや柔軟性を元の状態に近づける(組織の変化、物性の変化)
■ 痛みの感じ方を変化させる(疼痛受容器の変化)

  • 受付

    医師による診察・
    コンサルテーションを行います。

  • 採血

    血液を49ml静脈から採取します。

  • 罹患部位へ注射

    改めてご来院いただき、
    疾患部位にPFC-FDを注射します。

このような効果が期待できます。

FC-FD療法について、初回診察・コンサルテーション後PFC-FD療法を受ける際にかかる費用は150,000円(税抜)です。
本治療は公的保険の適応外であるため、費用全額を患者様ご自身にご負担いただきます。

治療には手術が必要ですか?

この治療法は、ご自身の血液から抽出した成長因子をひじ、
ひざの関節内に注射器を使って注入するため、手術の必要がありません。

入院の必要はありますか?

多くの患者さんがこの治療を外来診療で受けており、基本的には入院の必要はないと考えられていますが、
治療を受ける際に、医師にご相談ください。

高齢でも治療を受けられますか?

手術を行わない注射による治療ですので、高齢の患者さんでも受けることが可能です。
ただし、関節の状態によっては、年齢にかかわらず手術が適していることもありますので、医師とよく相談することが大切です。